汗は肌の健康維持にとって大敵!な理由

流れる汗をぬぐう女性

 

暑い時、緊張している時、辛いものを食べた時など、人間は様々な場面で汗をかきます。

 

汗をかくこと、発汗の一番の役割は、体温の調節です。

 

人間の体は37度前後に保たれていますが、外気などの影響によりこれを超える熱が体に与えられると、体内にある体温調節中枢が機能し、発汗によってその熱を発散するよう汗腺に命令をだします。

 

体温を一定に保つべく、発汗によって熱を発散しているのです。このような発汗を、温熱性発汗と言います。

 

また、汗をかく状況に応じて他に2種類の発汗があります。

 

緊張している時などにかく汗は精神的発汗と言い、体全体で汗をかく温熱性発汗とは異なり、顔や手のひら・足の裏、脇などで主に起こる発汗です。

 

「あぶら汗」と呼ばれるのもこの精神的発汗です。

 

もう一つの発汗が、味覚性発汗です。

 

辛いものや極度に酸っぱいものなど、味覚に強い刺激を受けた時にかく汗で、主に顔に起こる発汗です。温熱性発汗や精神的発汗とは異なり、一気に汗が噴き出すのが特徴です。

 

このように、汗をかく状況・原因は様々ですが、体がなんらかの刺激を受けた際、それを緩和し平常に保とうとするために発汗が起こるのです。

 

汗には肌への刺激になる物質が含まれる

肌荒れに悩む女性

 

汗の成分のうち、99%は水分です。

 

しかし残りの1%に含まれる微量の塩分やアンモニアが、肌への刺激物となることがあります。こまめに汗を拭き取るなどして、刺激物を肌に残さないよう気をつけてあげましょう。

 

また、汗自体の刺激の他に、汗によって肌に汚れが付着しやすくなるいということも、肌への悪影響となります。

 

汗で湿った肌に汚れが付着すると、通常より雑菌が繁殖しやすくなり、肌のトラブルだけでなく不快なにおいにもつながってしまいます。

 

加えて肌の表面にある角層が膨張することにより、肌が持つバリア機能が低下し、外からの刺激を受けやすい状態になってしまいます。

 

汗は肌荒れだけでなく乾燥肌の原因にも

乾燥肌は、その名の通り肌の水分が減少することで起こります。

 

外気や体調によって水分が蒸発してしまうことをはじめ、加齢などにより肌が水分を保つ力が減少することなども乾燥肌の原因です。

 

乾燥肌を防ぐためには、肌の保水力を上げ、十分に水分を含ませ、その蒸発を防ぐということが大切です。

 

肌にはもともと保水のための成分があり、食事やスキンケアアイテムなどによって水分を補給し、分泌される皮脂によってその蒸発を防いでくれています。

 

汗は水分なので、乾燥肌へつながるということがイメージし難いかもしれません。

 

しかし、汗をかくことで本来肌が水分の蒸発を防ぐために必要としている皮脂が流れてしまい、その部分から水分が蒸発し、乾燥肌につながってしまうことがあるのです。

 

さらに、前述した汗の刺激によって肌のバリア機能が弱ることも重なると、肌がさらに過敏になって乾燥肌が進行していきます。

 

暑い季節は油分の多いスキンケアアイテムを避けがちな方も多いのではないでしょうか。

 

汗によって皮脂が流され、スキンケアによる水分蒸発のケアもされないとなると、ますます乾燥肌へ拍車がかかってしまいます。

 

汗をよくかく季節こそ、保湿のためのスキンケアが欠かせません。

 

制汗剤も使いすぎると肌への刺激に

8×4

 

汗をかくことを不快と感じる上に肌へ不要な刺激を与えるとなると、汗をかくこと自体に抵抗が生まれてしまうのではないでしょうか。

 

汗をかくこと自体をストップさせることができれば・・・

 

そのような気持ちから制汗剤を多用する方も少なくありません。

 

しかし、先述の通り、発汗は人間の体を正常に保つための重要な機能です。これを制汗剤で無理に発汗を抑えると、体温の調節がうまくできなくなり、体の機能低下に繋がりかねません。

 

時には自然に汗をかいて、体の機能を正常に保てるよう心掛ける必要があります。

 

そして、制汗剤も使いすぎると肌に刺激となってしまいます。特にパウダー入りのものなどは、パウダーが毛穴に入りこみ毛穴を埋め、雑菌を繁殖させてしまいます。

 

肌に大きな刺激となる他、汚れがたまりやすくなり不快なにおいを発生することもあります。

 

また、スプレータイプの制汗剤は使用時の体調によって「冷たい」「ピリピリとした痛みを感じる」ということがあります。これはまさに肌が刺激を受けている証拠といえます。

 

敏感肌の方や、肌が弱い方は炎症を起こすこともあるので、なんらかの刺激を感じた時は使用を中止し、制汗剤による肌トラブルを避けましょう。

 

現在は、低刺激性の制汗剤や天然成分を使用した制汗剤も多く販売されています。女性は特に、肌に負担をかけてでも制汗剤を使用しなければならない場面があるのではないでしょうか。

 

自分の肌質に合ったものを使用することで、刺激を抑えることが可能です。使い勝手や香りだけでなく、効果と成分にも注目して、制汗剤を選んでみてはいかがでしょうか。

 

こまめな対策がやっぱり効果的

汗を拭く女性

 

汗の対策で一番有効なのは、こまめに拭き取ることです。

 

タオルやハンカチを持ち歩き、汗をかいたら都度拭き取ってあげることで、肌への刺激が減らせるだけではなく、自然と汗がおさまるようになります。

 

汗で濡れたタオルやハンカチを何度も使用すると、それらに付着した雑菌を肌に戻してしまうこともあるので、数枚持ち歩き、いつでも清潔なタオルやハンカチで拭き取れるようにしておくことが理想的です。

 

また、汗をかいたらこまめに着替えて、汗に濡れた衣服を着続けないことも汗対策に有効です。仕事や外出先で着替えることが難しい場合は、吸水発散性が高いインナーなどを利用します。

 

要は、かいた汗を長時間肌にとどまらせないことが大事なんですね。

 

汗を吸い取り、短時間で乾燥する機能的なインナーは、「汗をかいたらこまめに拭き取る」という状態を維持してくれます。

 

薬や制汗剤などを利用せず自然な発汗サイクルを維持することは、体の機能だけでなく、肌への負担、不快なにおいなどを軽減することにもつながります。

 

ハンカチやタオルを数枚持つだけでできるスキンケアを、是非大切にしてください。