敏感肌はシミ対策の大きなハードルに

敏感肌の女性

 

何を使ってもピリピリ、ムズムズ・・・
敏感肌はホントやっかいな症状ですよね。

 

敏感肌とは、肌本来が持つ「肌を守る機能」が弱くなってしまった状態の肌を言います。

 

紫外線や気温の変化による外気の影響はもちろん、エアコンで極度に乾燥した室内など、肌を取り巻く環境は思っている以上に過酷です。

 

さまざまな外部の刺激から肌を守るバリア機能が低下し、肌トラブルを起こしやすい肌が、敏感肌と言われています。

 

敏感肌を具体的に言うと、肌の角層が荒れている状態を指します。

 

角層とは、肌の一番外側にある部分を指し、肌の水分の蒸発を防ぐとともに、外部の刺激から肌を守る働きがあります。

 

最外部の角層が荒れてしまうと、その下にあるまだ未熟な角層までもが外部の刺激にさらされてしまい、肌を守るバリア機能が正常に機能せず、恒常的な敏感肌になってしまうのです。

 

敏感肌になると、季節の変わり目といった外気の変化に敏感に反応して肌荒れを起こします。

 

さらに、化粧品や洋服など直接肌に触れるものの刺激を強く受けかゆみを感じる、仕事やプライベートのストレスがニキビにつながる、月経前のホルモンバランスの変化によって肌にトラブルが起こりやすくなるなどさまざまな症状を引き起こしてしまいます。

 

低刺激の化粧品でもしみるのが敏感肌

敏感肌になってしまうと、低刺激の化粧品であってもしみたり、それによる赤みや痛みを感じてしまうことがあります。

 

これは、最上部の角層の下に控える未熟な角層に刺激が届いてしまったために起こる症状です。

 

本来はきちんと発達した最上部の角層がバリアするはずの外部刺激が、思いがけず内へ侵入してしまうことで、肌内部にダイレクトに刺激が届いてしまうだけではなく、本来機能するはずのバリア機能まで低下させてしまうという悪循環が起こります。

 

一度敏感肌になってしまうとなかなか改善しない原因がここにあり、今まで季節の変わり目だけ敏感肌になって・・・と感じていた方が、一年を通して敏感肌へと変わってしまった、というのは、この悪循環に入ってしまったことが考えられます。

 

それでも、低刺激とあるから、保湿は必要だから、と肌からのサインを無視し続けて同じ化粧品を使い続けると、角層の肌荒れだけではない、思いもかけない肌トラブルにつながってしまうことがあります。

 

合わない化粧品を続けると色素沈着やシミの増加も

敏感肌に対して合わない化粧水を使い続けることで起こる肌トラブルが、色素沈着やシミです。

 

なぜ、無色透明の化粧品が色素沈着やシミになってしまうのでしょうか。色素沈着やシミの原因で一番に上がるのは紫外線、日焼けによるメラニンの生成と蓄積です。

 

しかし、色素沈着やシミの原因はこれだけではなく、化粧品に含まれる「自分には合わない」成分によるかぶれ、パッティングやメイクに使うコットン、パフ、ブラシなどによって肌をこすったりする刺激によっても、できてしまうことがあるのです。

 

敏感肌を治そうと低刺激の化粧水でスキンケアを試みたり、日焼けをしないようにと日焼け止めや日焼け止め効果のある化粧品を塗ったり・・・そんな努力が色素沈着やシミの原因となってしまっては本末転倒です。

 

特に注意するべきなのが日焼け止め。SPF効果の高いものほど肌への負担は大きくなるので、シミはもちろん肌荒れやニキビ、赤みなどの原因になります。

 

幸い、ここ最近は飲むタイプの日焼け止めが充実してきたので、敏感肌だけど日焼け止め対策をしたい、という方はこれらの商品を使うのもかしこい方法ですね。

 

 

敏感肌の方は、合わない化粧品を使い続けることによって、肌荒れを助長してしまうどころか、色素沈着やシミといった改善が難しい肌トラブルにつながってしまうことがあるのです。

 

直接的にケアしようとするとそれが逆効果になってしまう・・・そんな敏感肌は、どのようにケアをすればいいのでしょうか。

 

シミは飲んで治す薬やサプリが敏感肌の方には最適

外側よりも、内側からケアする。

 

この発想、考え方の転換が好結果につながる可能性があります。敏感肌に対しては、肌に直接何かを塗ること、また塗ることによって「触れる」ということが刺激になってしまいますよね。

 

敏感肌を改善するためにあげられるのが、これら直接的な方法ではなく、生活習慣や食生活の改善、つまり、身体・肌の内部からの改善です。

 

健康な身体づくりをすれば、自然と健康な肌へと生まれ変わっていきます。

 

バランスの良い食事と適度な運動で代謝を上げ、血行を促進することによって体内のめぐりが良くなり、栄養が行き渡り老廃物は排出される・・・身体の免疫力も上がりますので、敏感肌の改善にはとても有効です。

 

しかし、普段の生活で日々それらをきっちりと実行するのはなかなか難しいもの。

 

そこでそれらを効率的にサポートするために、飲んで治すというタイプの薬や、足りない栄養素を効果的に補うことができるサプリメントが、敏感肌の方に適した方法としてあげられます。

 

身体の中からの改善を目指すものなので、即効性の面では直接の塗布より少々劣りますが、敏感肌の根本的な解決に向けてはとてもお勧めできる方法です。

 

身体の内側から肌やからだの調子も整えてくれる

服用するタイプの薬やサプリメントは敏感肌の改善だけでなく、身体の調子も整えてくれます。

 

敏感肌以外にも気になる身体のこと・・・冷え性や便秘、体のコリ、胃腸など臓器の働き・・・それらの改善が結果的に健康的な身体づくりへと繋がり、敏感肌の改善へと向かいます。

 

敏感肌の方は、ぜひ自身の身体の調子にも目を向けてみてください。それらを改善することが、敏感肌改善のきっかけになるかもしれません。

 

ただし、サプリメントはあくまでも普段の食生活の補助とするものです。

 

栄養の補給はけしてサプリメントだけで完結というわけではありませんので、毎日の食事にもしっかりと向き合ってください。

 

また、栄養素によっては過剰摂取により副作用が起こるものもあります。一度に複数のサプリメントを摂取する場合、それぞれのサプリメントが含む栄養素を確認し、過剰摂取にならないよう気をつけてください。

 

身体の内側から調子を整えることにより、周期的に起こる肌のターンオーバーで健康な肌へと生まれ変わっていきます。

 

最終的には整った理想的な生活習慣を身につけることが目標になりますが、原因にダイレクトに影響する内服薬、期待する効果の促進のためのサプリメントを心強いサポートアイテムとして、うまく利用してみてください。

 

荒れている箇所を直接ケアするのではなく、内側から整えていくという発想の転換で、根本的にトラブルと無縁になる肌を作りましょう。