ホルモンバランスが乾燥肌などスキンコンディションに大きく関係する理由

美人女性

 

女性にとっては、どうしても切り離せない女性ホルモンと身体の関係。

 

女性ホルモンは2つあり、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があります。この2つのホルモンが優位性を交代しながら、約28日という月経周期が繰り返されます。

 

この女性ホルモンのはたらきがあるからこそ、女性は妊娠・出産ができるといえます。

 

生まれてから死ぬまでの分泌量がわずかスプーン一杯分といわれる女性ホルモンですが、外面と内面を健やかにする上で欠かせない成分です。

 

エストロゲンは、女性らしい身体・健康な身体を維持するためのはたらきをしています。プロゲステロンは、いつも妊娠にそなえた準備をします。排卵後にプロゲステロンが優位になっていきます。妊娠してもよい状態への準備です。

 

しかし、一定期間内に妊娠ができないとプロゲステロンの分泌は減少し、月経の準備へと入ります。そしてエストロゲン優位へと変わっていきます。

 

プロゲステロン優位の時期というのは、体温も高くなり、体は妊娠をするための準備をしていますので、休息を求める時期であると言われています。この状態はPMS(月経前症候群)の症状とも大きく関係しています。

 

妊娠中に眠かったりだるかったりするのもプロゲステロンが大量に分泌されているためです。

 

なかなか普段の生活は変えにくいですが、女性ホルモンの性質を知って少し多めの休養を意識するとよいかもしれません。

 

月経が始まるとエストロゲン優位になってきますので、PMSの憂鬱な症状がなくなるというのも女性ホルモンの性質なのです。

 

ホルモンバランスの崩れとお肌への影響について

さて、ホルモンバランスが崩れてしまうとさまざまな不調が表面化してきます。

 

そもそも、月の半分は憂鬱になりがちなプロゲストロンが優位であり、月の半分は好調なエストロゲンが優位であるのです。

 

女性の場合には、健康であればこそ女性ホルモンがガラッと体質そのものを変えてしまうのです。

 

だからこそ、大事なことは女性ホルモンの性質を見極めて、適切な対処をすることです。

 

女性の美しさを司っているのはエストロゲンです。つまり、エストロゲンが減少している時期については、より丁寧なケアを必要とします。そしてストレスを溜め込まずによく寝ることが大事です。

 

肌の健康とも大きく関係

プロゲステロンは、皮脂の分泌を活発にし、角質層を厚くしていきます。皮脂が過剰分泌されてしまうと肌荒れやニキビを起こしやすくなります。

 

また角質層が厚くなることで毛穴の詰まりが起きやすく、ターンオーバーの乱れや乾燥肌への移行が始まります。

 

また、加齢とともに女性ホルモンの分泌量そのものが減少していきます。

 

エストロゲンこそがハリや艶を保ってくれているホルモンなのです。年齢には逆らえないものです。適切なケアを行い、栄養分を補ってあげることも大切です。

 

女性ホルモンを増やす食品とは

大豆いっぱい

 

女性ホルモンであるエストロゲンが、肌のハリや艶を司っているわけです。

 

エストロゲンが減少してしまうプロゲステロン優位の時期や、加齢によって減少してしまっている場合など、エストロゲンに似た成分を摂取することで同じような効果効能があるとされています。

 

特に有名なのが、大豆ですね。大豆イソフラボンは”植物性エストロゲン”と呼ばれるほど、エストロゲンにとても構造が似ています

 

コラーゲン生成を促し、ハリや弾力・艶のあるお肌を保ってくれます。保湿力も高まっていきますので、バリア機能の低下も防げます。

 

他にも、ザクロやいちじくの種子には“植物性エストロゲン”がとても豊富に含まれています。

 

はるか古代から、ザクロやいちじくは女性の象徴とも言われますね。また世界中のあちこちで、豊穣・子孫繁栄の意味で崇められている果実でもあります。

 

アダムとイブの物語でも、禁断の果実とはいちじくのことを言っています。

 

古代から女性の象徴とされていた果実が、現代の科学のチカラで女性ホルモンのエストロゲンと似ている成分を含んでいたという事実はどこか奥深いものを感じますね。

 

過度なダイエットはホルモンバランス崩壊の原因に

エクササイズをする女性

 

さて、ダイエットと現代女性の理想は切っても切り離せないのが現実です。

 

しかし、過度なダイエットは禁物ですし、ホルモンバランス崩壊の原因になってしまうので注意です。ホルモンバランス崩壊は、負の連鎖のスタートです。

 

さまざまな不調が次から次に表面化してきますので、とにかく過度なダイエットはNGです。

 

ダイエットを健康的にするためにも、深い関係のある女性ホルモンの声質を正しく知ることが大切です。

 

エストロゲンが優位な時期を逃さない

減量するのに最適な時期はエストロゲン優位の時期です。「美人ホルモン」と言われるほど、美容を司るホルモンですから、この時期に適切な運動や多少の食事制限はしっかりと効果が出てきます。

 

つまり排卵前の時期がベスト。身体に無理がかかったり筋肉や関節を傷めない程度に、普段よりも筋トレの重量や回数を増やしたりすることでよりカロリー消費をすることができます。

 

プロゲステロン優位の時期は小休止です。休息を求めるホルモンだと、しっかり覚えておいて下さい。水分も溜めこみやすいですし、自律神経のはたらきも鈍いのです。

 

運動習慣を途切れさせなくなければ、キツい筋トレではなく一定のリズムで身体を動かせるウォーキングやランキング、エアロバイクによる有酸素運動が最適です。

 

ダイエットに焦りは禁物。けっしてストレスや疲労の残るプログラムではなく、あくまで身体を静めることを第一にこの時期を過ごしましょう。