シミを隠すコンシーラー・ファンデーションについて

コスメセット

 

シミはもちろん、飲み薬や専用クリーム、皮膚科などで根本的に治すのがベストなのですが、なかなかそうもいかない事情の時もありますよね。

 

金銭的理由、時間的理由などでシミは治せないけど、ただ見た目に目立たなくしたい、明日大事なデートだからすぐにシミを隠したい、といった場合はメイクのテクニックで何とかなります。

 

でもただ厚塗りすればいいわけではありません。シミを消すことに意識がいきすぎて逆に不自然な仕上がりになったら目も当てられないですよね。

 

ですので、このページではシミを隠せる基本的なメイクのテクニックから、ちょっとした小技などをまとめてみました。

 

薄いシミにはリキッドファンデーション中心で

薄いシミにはリキッドファンデーションを中心にカバーしていくと仕上がりが良くなります。リキッドファンデーションはカバー力が高く、液体なので厚ぼったくなりにくいという特徴があります。

 

厚塗りは厳禁!

薄いシミは広範囲にできることも多く、全てを隠そうとするとつい顔全体にファンデーションを厚塗りにしてしまいがちです。ファンデーションの厚塗りは顔が浮いて老けた印象を与えてしまい、むしろシミが目立ってしまうこともあります。

 

また化粧品が肌に残ってしまう可能性が高まり肌トラブルにつながるなど、シミを悪化させる原因にもなります。しかし、リキッドファンデーションであれば液状タイプのため伸びが良く少量で仕上げることができるので厚塗りを防ぐことができます。

 

加えて乾燥しにくく崩れにくいというカバー力を持ち合わせているので、広範囲の薄いシミに使用するのに適しているのです。

 

これらの理由から、薄いシミにはカバー力を備えながらもナチュラルな印象を与えることができるリキッドファンデーションを中心に対策していくとよいでしょう。

 

濃いシミにはコンシーラーがおすすめ

カバーしにくい黒や茶色の濃いシミには、コンシーラーを活用することがお勧めです。濃いシミは輪郭がはっきりしていたり、表面がぶつぶつしていたりすることも多く、色だけ隠せばよいというわけではありません。

 

コンシーラーは隠したいシミの部分にのみピンポイントに使用することができるため、輪郭を馴染ませ、肌質を均一にしてシミと周囲の肌色に差がつかないように調節してくれます。

 

また、種類も豊富に展開されているため、人により特徴の違う濃いシミであっても自分に合う色を見つけられる確率が高くなります。

 

コンシーラーを活用せず、濃いシミに合わせて下地のファンデーションを何度も重ね塗りしてしまうと浮いた印象を与えてしまったり、シワや化粧崩れが目立ったりしてしまいます。

 

シミを上手に隠しながらも全体的にナチュラルで透明感のある肌に見せるためには、下地のファンデーションは軽く仕上げ、濃いシミの部分のみコンシーラーを上手に塗ってカバーしていきましょう。

 

肌の色より1段濃い色がいい理由

効果的にシミをカバーするためには下地のファンデーションやコンシーラーの色選びが重要です。シミが気になる方は肌の色よりも一段濃い色を塗ることをお勧めします。

 

そうすることで、黒色や茶色といった濃い色のシミと元の肌色との色の差を小さくすることができ、浮いた印象を与えにくくなるからです。また、首との色もなじみやすくなるため、ナチュラルな印象を与えることもできます。

 

このようにシミと元の肌の色を均一に整えると美しく健康的な肌に見せることができます。

 

顔色が暗くなってしまうのではないかと心配される方もいるかもしれませんが、仕上げのパウダーファンデーションで十分肌の色を調整することはできます。

 

日経ヘルス11月号に気になる記事

女性の美容や健康など幅広く取り上げている日経ヘルスに、シミについて気になる記事が掲載されていました。

 

ヘア&メイクアップアーティストの黒田啓蔵さんという方のノウハウなのですが、シミ隠しにコンシーラーを使わない、というもの。

 

なんでも、加齢でトラブルの多い肌にいくらファンデーションを塗っても崩れるだけで、逆に若々しく見せるにはベースをいかに薄く仕上げるかが大切、という考え方です。

 

そのためにはまず化粧水をたっぷり(2度付け)なじませ潤わせてから、顔の中心の三角地帯のみ化粧下地を乗せます。

 

そしてファンデーションは最初にシミ等気になる部分から塗ることが最も大切とのこと。そこを先に消すことで必要以上に厚く塗らずに仕上げることができます。