産後にシミが増える方は多い

赤ちゃんにミルクをあげるママ

 

この子が生まれてから何だかシミがふえた・・・

 

とお感じになるママさんはけっこう多いようです。出産をきっかけにシミが増える、果たして実際にそんなことがあるのでしょうか?

 

この謎を解くカギはホルモンバランスにあります。

 

エストロゲンは、肌のハリや潤いをサポートするコラーゲンやエラスチンの生成を維持したり、活性酸素の働きを抑える働きをするホルモンです。

 

怪しいのはプロゲステロン

妊娠中は、エストロゲンの分泌が活発になっている時期となりますが、同時にプロゲステロンというホルモンも活発な状態となります。プロゲステロンは、胎盤を形成するのに必要なホルモンですが、シミの原因となるメラノサイトを活性化させる働きもします。いうまでもなく、メラノサイトの活性が高まればメラニンが大量に生成され、お肌にたまって残ればシミになってしまいます。

 

出産後2日目くらいから、エストロゲンとプロゲステロンの分泌が減少し、その代わりにプロラクチンという母乳の分泌を促進する乳腺刺激ホルモンの分泌が活発になります。

 

そのため、産後はホルモンバランスが乱れます。ホルモンバランスが整うまでには、最低でも半年ほどかかると言われています。産後、エストロゲンが減少することで、肌のハリや外的刺激に対する抵抗力が低下して、シミができやすくなります。

 

また、妊娠中にプロゲステロンの分泌が活発になっていたことで生成されてきたメラノサイトにより、肝斑(かんぱん)が現れやすくなっています。

プロゲステロンがメラノサイトを活性化

プロゲステロンは、排卵から妊娠に関わる重要な役目を果たす重要なホルモンです。

 

エストロゲンにより厚くなった子宮内膜を、着床に適した状態にしたり、妊娠中の陣痛や子宮の収縮を抑制、免疫抑制、基礎体温を高めるなどといった働きをします。

 

しかし、プロゲステロンはメラノサイトを活性化させて、メラニン色素を増やしてしまうという面もあります。産後プロゲステロンの分泌量は低下していきますが、肌の健康を保つエストロゲンも低下していきます。

 

そのため、産後にワキやVラインの黒ずみが濃く目立ってしまったり、肝斑ができやすくなってしまうのです。

 

産後から約半年間は、ホルモンバランスが乱れてシミができやすい状態にありますので、外出時に日焼け対策をしっかりしておく必要があります。

 

それから、産後のお肌は外的刺激に弱くなっていますので、低刺激の化粧水やクリームでケアしたり、サプリメントや普段の食事からメラニンの生成を抑えるビタミンCや、肌の健康をサポートするビタミンB群などを意識して摂取することをお勧めします。

授乳するとシミが消えやすいって本当?

疑問を感じる女性

 

授乳をするとシミが消えやすいという噂は、本当なのでしょうか?

 

産後、授乳を始めることで、プロラクチンという乳腺を刺激するホルモンが分泌され始めます。このホルモンには、美容効果を向上させるなど、産後でダメージを受けた母体をケアする働きをしてくれます。

 

母乳を与えることで、運動を何もしなくても1日に600kcal消費するので痩せやすいとも言われています。

 

しかし、授乳期間は、体内のビタミンCが不足しがちな状態となります。そのため、メラニンを精製するプロゲステロンの分泌が低下したといっても、肌にシミができやすい時期には変わらないのです。

 

ただでさえ、産後の育児で睡眠不足・過労などによるストレスが溜っていますし、エストロゲンの低下により、肌のコラーゲン量が不足して肌が弱っている状態です。外出時だけでなく、室内で過ごしている時にも紫外線対策をして、シミのできにくい肌作りをしましょう。

 

以上のことから分かるように、授乳をしたからといってシミが消えやすいということはない、というのが当サイトの考えです。

妊娠中・授乳中は果物がシミ予防にオススメ

紫外線対策として、ビタミンCが豊富に含まれている果物をたくさん食べるのが効果的と言われていますが、果物であれば何でもよいというわけではありません。

 

ソラレンに注意!

果物によっては、メラニン色素を活性化させるソラレンという成分を含むものがあります。ソラレンが含まれている果物を食べた2時間後に、紫外線吸収率が高くなると言われています。しかもソラレンを含む果物は、食後7時間も紫外線吸収率を高くする働きを持続させるのです。

 

こうしたソラレンの働きを「光毒性」といいます。ソラレンを多く含む果物は、みかん、レモン、オレンジ、グレープフルーツ、いちじく、キウイ、アセロラなど、野菜ではきゅうり、パセリ、セロリ、しそ、三つ葉、などに多く含まれます。

 

逆にソラレンの少ない食べ物では、リンゴ、スイカ、バナナ、イチゴ、もも、ぶどう、大根、ごぼう、にんじん、かぶ、かぼちゃ、ねぎ、レタス、キャベツ、トマトなどがあります。

 

ソラレンの効果を受けたくなければ、果物は日中には食べないようにすることです。食後に果物を食べてビタミンCを補給するのがベストです。

 

肌の新陳代謝が活発になるのは、睡眠中ですので、夜食べた果物に含まれているビタミンCを体内にしっかりと吸収させてシミを防ぐことを心掛けて下さい。

 

日中食べるのであれば、ソラレンが少ないうえに美肌効果のあるトマトを食べたり、メラニン生成を抑制するアロエが入っているヨーグルトを食べるとよいです。

 

また、ビタミンCはコラーゲンの生成にも欠かせないので、豚肉(コラーゲン)とサツマイモ(ビタミンC)の炒め煮など、美肌効果のある食事も積極的に摂るのもいいですね。