厚労省認可の美白成分にはどんなものがある?

美白の女性

 

果実や花、植物由来のものをはじめ、油脂からつくるのもの、豚など動物由来のものなど、美白に有効な成分はじつはたくさんあります。

 

中でも、あの厚生労働省に認可されているものは、少なくとも有用性において積極的に取り入れたいものですね。ではいったい、どんな成分があるのでしょうか。

 

おもな厚労省認可の美白成分をまとめてみました。

 

ビタミンC誘導体とは

キウイ

 

「美白の味方」であるビタミンCは非常に脆い性質をしており、従来化粧品などに配合しても肌に浸透しないと言われていました。

 

このビタミンCを人工的に改良し肌に浸透しやすくしたのが”ビタミンC誘導体”です。ビタミンC誘導体には水に溶けやすい水溶性と油分に馴染みやすい油溶性の2つがあります。

 

水溶性

即効性があり化粧水などに配合することで効率よく肌にビタミンCを供給することができます。

 

メラニンの生成を抑えつつ新陳代謝を活性化してくれるので、ターンオーバー(皮膚の再生)を促進しシミの原因を防ぎます。

 

油溶性

エマルジェン(乳液)状態の化粧品にも配合できるように水溶性ビタミンC誘導体をさらに改良したもの。

 

特徴としては肌への刺激が少なく、皮膚の深くまで浸透するため潤いやハリを保つために効果的とされています。

 

化粧品を選ぶ際はビタミンC誘導体が配合されていることはもちろん、水溶性と油溶性2つの種類にも意識を向けてみましょう。

 

アルブチンとは

 

一般的な美白成分と比較すると100倍もの美白効果があるハイドロキノン。

 

しかしハイドロキノンには副作用(ぴりぴりとした刺激や赤み)があるとされ使用が懸念されている成分でもあります。そんなハイドロキノンにブドウ糖や植物の成分を配合して作られたのがアルブチンです。

 

アルブチンはハイドロキノンと同等の美白効果があるにも関わらず、安全性はハイドロキノンの何倍にもなります。

 

シミの原因であるメラニンを作り出す酵素としても有名であるチロシナーゼですが、紫外線を浴びることで活性化しメラニンを生成します。

 

そしてアルブチンはそんなチロシナーゼに作用し、メラニンの生成を抑制する働きがあるのでシミを直接的に防止します。

 

さらにメラニンが皮膚に沈着するのを防ぐため美白効果も。

 

アルブチンはハイドロキノンと配合した「βアルブチン」と、江崎グリコが開発した「αアルブチン」が存在します。αアルブチンの方がより肌への刺激が少ないことから現在最も注目されている成分の一つです。

 

 

エラグ酸とは

エラグ酸たっぷりのいちご

 

自然界に5000種類以上も存在していると言われているポリフェノール。エラグ酸とはそんなポリフェノールの一種です。

 

イチゴ、ブラックベリー、ブルーベリー、ラズベリー、ザクロ、クコ、ペカンなどベリー系を中心にエラグ酸は多く含まれており、そもそもはこれらフルーツなどの渋みや苦み成分となっています。

 

エラグ酸にはポリフェノール特有の抗酸化作用が強く、肌の酸化(老化)を防止する効果があります。さらに血液内で活性酸素作用から酵素を守ってくれるので、中性脂肪やコレステロールが上昇するのを抑えてくれます。

 

エラグ酸にはもう一つ重要な働きがあり、それはメラニン生成のもととなっているチロシナーゼの活動を抑制するものです。

 

チロシナーゼの中に含まれる銅イオンを奪うことで活動を抑え、シミのもととなるメラニンを直接的に防止してくれるのです。

 

抗酸化作用とチロシナーゼの抑制、エラグ酸は2つのアプローチから美白を保つ成分なのです。また自然由来ということもあり安全性の面においても優秀な成分となります。

 

 

カモミラETとは

カモミール

 

飲むとリラックス効果があり小さい子供でも飲むことができるほど安全性の高いハーブであるカモミール。

 

カモミラETはそんなカモミールを原料として花王が開発した美白成分です。

 

メラニン生成を根本から防ぐ

他の美白成分はメラニンを生成するチロシナーゼの活発化を抑制することでシミに作用しますが、カモミラETはメラニンを作り出す指令を出すエンドセリンと呼ばれる情報伝達物質に作用します。つまりメラニンが作り出される原因を根本から断つ成分です。

 

カモミラETが優れているのはシミを防止するだけでなく、すでに存在するシミを薄くするという効果があります。実はエンドセリンはシミが沈着している細胞にも存在するためエンドセリンの活動を抑制し、シミを薄くしてくれるのです。

 

さらに、保湿作用・アレルギー抑制効果、炎症抑制効果なども認められているので、美白だけでなく肌の健康を保つためにも有効的な成分です。

 

ただしカモミラETには独特なカモミール特有の匂いがあるので、これが苦手という方もいます。

 

トラネキサム酸とは

 

トラネキサム酸とは従来医療の現場で使用されてきた、人工合成されたアミノ酸です。

 

しかし近年肝斑に対する効果が認められたことから美容においても使用されるようになりました。

 

肝斑とは女性に多く見られる薄茶色のシミであり、あごや額などに左右対称にできるという特徴があります。そしてこの肝斑の原因となっているのがプラスミンと呼ばれるタンパク質分解酵素です。

 

トラネキサム酸は抗プラスミンという作用を持ち、肝斑の原因に直接働きかけます。

 

プラスミンはシミの原因となるチロシナーゼを活発化さえる酵素でもあるので、トラネキサム酸によりメラニンの生成をも抑えることができ美白効果も期待されているのです。

 

ちなみに肝斑の原因には少なからず女性ホルモンが関係していると考えらていますが、トラネキサム酸は女性ホルモンのバランスを整える作用はありません。

 

そのためトラネキサム酸を摂取していてもさまざまな要因により斑肝が発生する可能性は少なからずあります。

 

女性ホルモンを健やかに保つのはとても難しいことです。なぜならホルモンバランスは外的要因、内的要因のさまざまな要素が絡み合っているからです。

 

ちょっとしたストレスや身体の変化で女性ホルモンは影響を受けるとてもデリケートなものです。