「糖化」は「老化」シミとも大いに関係アリ

肌をメンテナンスする女性

 

人類の究極の欲望といわれる不老不死。当然ながら実現はしておらず、どんなにお金持ちでも、どんなに偉い人でも平等に老いはやってくるものです。

 

ただ、なぜ人間は年を取ると老化するのか?についてはそのメカニズムがかなり解明されてきました。明らかに老化を促進する物質や生活習慣なども多くの人が知ることができます。

 

中でも比較的新しい概念なのが「糖化」ではないでしょうか。

 

数年前に「活性酸素」が人体をむしばむ悪の権化として話題になりました(もちろん現在でもアンチエイジング関連の定番の存在になっていますが)。

 

活性酸素は酸化という働き(鉄が錆びるやつですね)を人間に起こすことで老化やさまざまな病気を引き起こしますが、糖化についても似たような悪影響がわかっています。

 

では「糖化」とはいったいどういう現象なのでしょうか?

 

このページでは基本的な事項をふまえつつ、糖化とシミの関連性や効果的な対策までいろいろとまとめてみました。

 

そもそも糖化とはどんな現象?

たくさんのホットケーキ

 

ホットケーキなどのお菓子類には砂糖が多く含まれており、焼くことでこんがりと褐色になりますがこれは砂糖が含まれていることにより起こる反応でいわゆる”糖化現象”です。

 

糖質とたんぱく質の結合

この糖化現象が人間の体内でも起こるのですが、具体的には血液中にある糖質がタンパク質を結合することで変性・劣化してAGEs(Advanced Glycation Endproducts最終糖化生成物)と呼ばれる老化物質を生成します。

 

このAGEsは体中のいたるところに分布し、肌や髪の健康を損ねたり、糖尿病や高血圧などさまざまな症状を引き起こす元凶ともなっているのです。

 

糖化は主に血糖値の急上昇や高血糖状態が続くと発生するのですが、甘いものを食べただけで糖化が起こすわけではありません。

 

糖質とは甘いものだけでなく炭水化物、フルーツ、野菜、肉類など程度は違えど多くの食材に含まれているのです。

 

そのため糖質の高い食べ物ばかりを摂取していると、圧倒いう間に糖化が進んでしまうので注意が必要です。

 

最近「糖質制限ダイエット」が流行っていますが、過剰な糖質摂取を抑えることは、糖化の意味で考えると体重減少だけでなく若々しい身体を取り戻せるメリットもあります。

糖化とシミをつなぐカギはメラニン

肌のシミはよくメラニンが原因で起こるということを耳にしますが、実はこのメラニンを生成する原因となっているのが糖化なのです。

 

ロート製薬株式会社が行った”肌の糖化に関する研究”の結果、肌表面の表皮角化細胞が糖化することによりメラニンの生成を引き起こすサイトカインと呼ばれる物質が増えることが確認できました。

 

 

通常肌が紫外線を浴びることにより増加すると言われているサイトカインですが、紫外線予防をするだけでなく糖化予防までもをいなければシミの増加を防ぐことはできなかったのです。

 

サイトカインとは細胞間の情報伝達を役割としているタンパク質の一種で、細胞からサイトカインが放出されることでさまざまな生体反応ほ引き起こします。

 

この生体反応の中に血管拡張やメラニン生成が含まれているため、サイトカインはシミを増加させる原因となります。

 

この研究結果からシミを予防するためには抗糖化化粧品などを使用するのも有効なアプローチとされています。

糖化と活性酸素の関係は

活性酸素とは本来体内に侵入したウイルスなどを排除するために必要とされるものなのですが、反面過剰な生成では細胞をも傷付けてしまう性質があります。

 

活性酸素が過剰生成される主な原因は紫外線やたばこ、または飲酒などです。

 

そしてこの活性酵素を抑えてくれる抗酸化酵素と呼ばれる物質があるのですが、この主成分はタンパク質です。

 

糖化が酸化を加速させる!?

ここで糖化が深く関わってくるのですが、糖化は血液中のタンパク質と結合して変性・劣化を引き起こします。この状態になるとタンパク質は抗酸化酵素の能力を十分に発揮できないため、活性酸素による酸化を加速させてしまうのです。

 

その結果シミやそばかすの原因となったり、がんや動脈効果といって危険な病気の原因となってしまいます。

 

そして糖化と酸化は相互関係にあり、この2つが合わさることで老化や病気のリスクを通常の何倍にも高めてしまうのです。

 

美容や健康に気を使うのであれば、どちらか片方ではなく両方のアプローチが必要です。

糖化を進行させる食べ物・栄養素は

糖化は血液中の糖質とタンパク質が結びついて起きる現象なので、血糖値の上昇や高血糖状態が続くと糖化が進行します。

 

お米やパンといった炭水化物は高糖質食材の代表格なので、控えめの摂取を心がける必要があります。また糖度の高いフルーツなども血糖値を上昇させるので注意が必要です。

 

どんな食べ物が糖化を進行させるのか?を考えるときは基本的に食材のGI値を指標にしましょう。

 

GI値とはブドウ糖を100とした場合の血糖値上昇スピードを示す数値です。高GI値ほど糖化をより促進させることになります。

 

さらに糖化は生活習慣によっても引き起こるのですが、その中でも多いのが食生活です。野菜などの食物繊維などをしっかりと食べないと血糖値が上昇し、さらにいきなり炭水化物から食べたりすることも血糖値を上昇させます。

 

運動不足やいつもお風呂ではなくシャワーで済ませてしまうなどの生活習慣も実は糖化の原因となります。生活習慣の見直しが糖化を防ぐカギです。

糖化を防ぐ成分は

さまざまな野菜

 

以下は糖化防止に有効的な成分とされているものです。

 

  • カテキン
  • 食物繊維
  • ビタミンC
  • カルノシン
  • イチョウの葉
  • ドクダミ
  • セイヨウオオバコ種子エキス
  • マロニエエキス
  • ブラックティーファーメント
  • カラギーナンエキス

 

この中でも最も注目されているのがカテキンで、カテキンは緑茶などに多く含まれています。

 

カテキンたっぷり緑茶

 

カテキンは血糖値を下げる作用があることでも有名ですが、何といっても糖化の主な原因は血糖値の上昇です。そのためカテキンは糖化防止に注目を集めているのです。

 

そして次に注目されているのが食物繊維ですね。

 

葉菜類といった緑色をした野菜に多く含まれています。(キャベツやほうれん草など)食物繊維は食事の際最初に摂取することで血糖値の上昇を緩やかにし、また満腹感も得ることができます。

 

そのため炭水化物を摂取した際の血糖値上昇を抑え、また食べ過ぎも防止してくれるので高家糖状態を防ぐ働きもあります。

 

糖化防止にはお茶をよく飲み、野菜を良く食べることが大切です。