シミ改善にぜひ活用したい!アロマに秘められたチカラ

アロマ

 

「香り」という言葉の代わりとしても用いられがちな「アロマ」という言葉ですが、実際には、植物から抽出した100%天然のエッセンシャルオイルのことを指します。

 

香りを指す言葉として他にも「フレグランス」がありますが、これは科学的に合成された香りが使用されているため、アロマとは異なります。

 

アロマによる自然の香りを利用したセラピーを、アロマテラピーと言います。

 

草木の香りや花の香り、果物などの果実の香りなど、自然の香りは人間の心や身体に優しく働きかけてくれます。

 

香りによってさまざまな効果や作用があるため、自身の気になる症状にあった原料の香りを選ぶことで、リラックス効果やリフレッシュ効果を得ることができます。

 

ものによっては、それこそ医薬品に匹敵するような働きをするものも。

 

また、心身ともに健康な方であっても、美容や健康に関わる効果を目的としてアロマテラピーを積極的に取り入れている方も多いようです。

 

アロマの範疇は幅広い

アロマテラピーというと「香りを楽しむ」というイメージが強いのですが、ハーブティーとして体内に取り入れることはもちろん、スキンケアアイテムやマッサージオイルにアロマをブレンドして使用することもアロマテラピーと言います。

 

そして、多くの女性が気になるお肌のシミの改善に、このアロマテラピーが効果的であるということがわかってきました。

 

以下にシミに効果的なアロマとその働きを一覧にまとめました。

 

アロマ 主な働き
カモミール メラニン抑制、抗炎症、保湿
ラベンダー 新陳代謝の促進
ローズヒップ メラニン抑制、保湿
ゼラニウム ターンオーバー正常化、ホルモン分泌調整
キャロットシード 抗酸化作用
ローズウッド 肌細胞の活性化
ネロリ ターンオーバーを整える、収れん作用
ローズマリー 抗酸化作用、血行促進

 

それぞれのアロマのシミへのよい働きについて、より細かく見ていきましょう。

 

シミに効果的なアロマ「カモミール」の特徴

カモミール

 

カモミールティーとしてハーブティーでもおなじみのカモミール。

 

青りんごの果実のような甘い香りが特徴で、いらだちや疲労を鎮める鎮静効果があるとされています。

 

安眠効果があるため、寝付きが悪い、不眠がち・・・という方は、就寝前にカモミールティーを飲むというのもおすすめです。

 

さまざまな効果がありますが、ここでピックアップするのはお肌への効果です。

 

アトピー性・アレルギー性皮膚炎の症状を緩和する効果や、ニキビなどによるお肌の炎症を抑制する効果がある上、シミの原因となるメラニン色素の生成を抑える「美白効果」があります。

 

カモミールエキスが配合されている化粧水も多いため、カモミールがお肌に良いということをすでにご存じの方も多いかもしれません。

 

美白効果だけでなく保湿作用にも有効であり、また、植物由来であることから成分の副作用などの心配がほとんどありません。

 

オーガニックな美白化粧品成分として優れた効果を期待できます。

 

シミに効果的なアロマ「ラベンダー」の特徴

ラベンダー

 

エッセンシャルオイルとして最も馴染み深いものの一つがこのラベンダーではないでしょうか。

 

さまざまなものに使用されているため、誰もが一度はかいだことのある香りと言えるかもしれません。

 

このラベンダーには、カモミール同様リラックス効果や安眠効果がありますが、中でも注目したい効果が新陳代謝の促進です。

 

お肌のターンオーバーを正常に行うためにも欠かせない、体の新陳代謝。

 

お肌のシミを改善するには、メラニンの生成を抑制しシミのもとを防ぐととともに、色素沈着が起こってしまった肌・・・古い角質をターンオーバーによって排出することが重要です。

 

新陳代謝が低下すると体の老廃物がなかなか排出されないだけでなく、取り込んだ栄養を体の隅々まで行き渡らせることを妨げてしまい、結果としてお肌のターンオーバーがうまく行われなくなってしまいます。

 

新陳代謝を高めることでお肌のターンオーバーが正常に行われるようになり、シミのできた古い角質を新しい肌に台頭させることができるのです。

 

シミに効果的なアロマ「ローズヒップ」の特徴

ローズヒップ

 

ハーブティーでもおなじみのローズヒップにも、美容効果が期待できます。

 

シミの原因となるメラニンの生成を抑える働きに加え、シミができやすいと言われる乾燥肌の改善にも役立ちます。

 

うるおいのある肌に比べ、乾燥した肌は古い細胞が肌からなかなか剥がれ落ちず、シミ改善に必要なお肌のターンオーバーを妨げてしまいます。

 

さらに、肌の乾燥による肌内部のコラーゲン不足が、新しい肌を作る肌細胞の生成にも影響し、ますます肌のターンオーバーを遅くしていまいます。

 

シミの改善に欠かせないお肌のうるおい。

 

ローズヒップにはお肌にうるおいを与えるビタミンCが含まれているため、乾燥肌の方にも是非おすすめしたいアロマです。

 

また、年令を重ねることによってお肌は乾燥しやすくなるため、エイジングケアとしても有効なアロマといえます。

 

シミに効果的なアロマ「ゼラニウム」の特徴

ゼラニウム

 

シミの改善に必要とされるお肌のターンオーバーですが、ゼラニウムにも、正常なお肌のターンオーバーを促す働きがあります。

 

ゼラニウムにはもともと血行を良くしたり、細胞の成長を促進させる働きがあり、これらがターンオーバーの正常化に影響します。

 

体内に取り入れた栄養を体の隅々まで行き渡らせ、かつ体内の老廃物を排出するために、血液の流れを良くすることは欠かせません。

 

血行不良は新陳代謝を低下させ、冷え性などにもつながることから、ぜひ改善したい症状です。

 

ゼラニウムにはこれを効果的に改善する働きがあり、シミの改善だけでなく美容・健康のためにも取り入れたいアロマです。

 

加えて、ゼラニウムにはホルモンの分泌を調節するという特徴的な効果があります。

 

シミの中には紫外線を原因とするものの他に、ホルモンバランスの乱れが原因とされる「肝斑」があります。

 

通常のシミのケアとは異なり、肝斑はホルモンバランスの乱れを改善することが必要になるため、肝斑にはゼラニウムのようなホルモンバランスを整える効果があるアロマが有効です。

 

シミの種類に合わせて、アロマを選択することでシミの改善を効果的に行うことができます。

 

シミに効果的なアロマ「キャロットシード」の特徴

キャロットシード

 

名前のとおりニンジンの原種となる種子を原料とするアロマで、独特の香りを持つため、その香りが苦手と感じる方も少なくないようです。

 

しかし、キャロットシードにはお肌を再生する働きがあり、また細胞を活性化させる働きももつため、スキンケアに良い効果を発揮するアロマと言えます。

 

身体の老化を促すといわれる酸化を防ぐ抗酸化作用を持つことでも知られており、これがシミの予防にも効果的です。

 

シミの原因としてメラニン色素が挙げられますが、実はメラニン色素は、体内に過剰に発生した活性酸素からのダメージを引き受けてくれるという「お肌を守る」働きもしています。

 

しかし、活性酸素によってメラニンが酸化することによって色素沈着が起こります。

 

つまり、活性酸素のダメージを緩和するために、メラニン色素にすべてを任せず、抗酸化作用のある成分を利用して酸化そのものを防ぐようにすることが、シミの予防につながるのです。

 

キャロットシードが持つ抗酸化作用がシミ予防に効果があるというのはこの点にあります。

 

加えて、ニンジン同様肌のハリや弾力を高める効果が期待できるベータカロチンを含むため、エイジングケアにつながるアロマとしても有効です。
柑橘系のアロマとともに用いることで気になる香りも軽減できるため、ブレンドして使用するのもおすすめです。

 

シミに効果的なアロマ「ローズウッド」の特徴

ローズウッド

 

ローズウッドは、ローズという名前を持つものの、バラとは異なり、樹木を原料としたアロマです。

 

音の響きや音質の良さから、ギターなどの楽器のボディにもよく使われるローズウッド。

 

バラに似た香りがするためこのような名前がつけられており、フレグランスや化粧品に多く用いられています。

 

ローズウッドには肌の細胞を刺激して活性化させる働きがあり、シミの改善だけでなく、お肌のシワやハリなどの改善にも役立ちます。

 

肌質を問わず使用できるという点も、スキンケア成分に多く用いられている理由です。

 

また、肌の細胞だけではなく、心を活性化させる働きも持ち、スキンケアをしながら、その香りで気分もリフレッシュできるというプラスアルファの効果が期待できます。

 

シミに効果的なアロマ「ネロリ」の特徴

ネロリ

 

フローラル系の優雅な印象と、柑橘系の爽やかな印象を併せ持ち、高級香水の原料としても使用されるネロリ。

 

香りを好んで、ルームフレグランスなどに利用する方も多いようです。

 

ネロリにはお肌の新陳代謝を促す働きがあり、シミ改善のための肌の正常なターンオーバーを整えることに役立ちます。

 

薬品より格段に刺激が少ないため、ローズウッド同様、乾燥肌や敏感肌など肌質を問わず利用できるのも魅力です。

 

また、ネロリには収れん作用があります。

 

収れん作用は、お肌や毛穴を引き締めるという意味ですが、その他に皮脂のコントロールやお肌にうるおいを与える効果もあります。

 

乾燥した肌は古い角質がお肌の上に残り続けるため、それがシミ改善の妨げとなってしまいます。

 

お肌のうるおいを保つことは正常なお肌のターンオーバーを促すことにつながり、結果としてシミを改善することにつながります。

 

シミに効果的なアロマ「ローズマリー」の特徴

ローズマリー

 

ハーブティーやお肉料理に使うハーブとして親しまれているローズマリー。

 

この身近なアロマにも、シミ改善の効果が期待できます。

 

ローズマリーには、ファイトケミカルと呼ばれる成分が含まれており、これが抗酸化作用をもっています。

 

シミの原因の一つであるお肌の細胞の酸化を防ぐ抗酸化作用は、シミの改善だけでなくエイジングケアにも効果を発揮するため、スキンケアアイテムの成分としてとても注目されています。

 

また、ローズマリーには血行を促進する作用があるため、血行不良によって起こるお肌のターンオーバーの乱れの改善も期待できます。

 

血行不良は、女性に多い「冷え性」を引き起こす原因にもなるため、健康の面からも改善したい症状です。

 

ローズマリーは、美容のためにも健康のためにも活用したいアロマです。

 

植物毒とは?天然成分だから安心、ではない理由

驚いた表情の女性

 

「植物毒」と言うと、もともと毒性を持つ植物のみをイメージしがちですが、ここで扱う植物毒はその限りではありません。

 

塩や脂など、普段口にするものでも、過剰摂取によって体の毒になることがありますよね。

 

同様に、もともと毒性のない植物でも、使用方法によって毒になることがあるので注意が必要なのです。

 

アロマで使用されるエッセンシャルオイルは、天然成分から作られています。

 

しかし、その濃度は自然にあるものの何十倍?何百倍と濃縮されており、強い刺激や毒性を持つものになってしまうことがあります。

 

もちろん、濃縮しても安心して扱えるアロマもありますが、前述の刺激・毒性を持つようになるタイプのアロマと比較するとごく少数です。

 

天然成分だからと言ってやみくもに使用しては、シミ改善やリラックス効果どころか、体に害をなす可能性があります。

 

アロマが刺激となり、塗布した部分が赤み・肌荒れを起こしたり、合わない香り・強い香りによってイライラを引き起こしてしまうということもあります。

 

前述しましたが、アロマの種類によっては医薬品のようなクリティカルな作用を及ぼすこともあるので、使用量や使用濃度をきちんと確認し、使用しなければなりません。

 

また、心身の状態によっては、規定の量で使用しても体に負担になってしまうことがあります。

 

いつも使用しているアロマなのに、今日は肌荒れを起こしてしまった、気分が落ち着かない・・・そんな状態になってしまったら、低濃度で使用したり、使用を中止するなどして様子を見ましょう。

 

状態が改善しない場合は、医師への相談も視野に入れてください。

 

適正な使用が、期待する効果を得ることにつながります。

 

アロマを使う上で注意したいポイントとは

注意ポイントを示す女性

 

アロマを使用する際の注意として最も重要なポイントは、原液の取り扱いです。

 

まず、原液は絶対に飲んではいけません。

 

先述の通り高濃度に濃縮したアロマの原液は、飲用によって肝臓や腎臓などに大きな負担となり重大な病気につながることがあります。

 

医師の指導のもとに原液を治療等の目的で服用する場合がありますが、あくまで医師の指導のもとに行われるものであって、一般的には絶対に飲んではいけません。

 

小さな子供さんのいるご家庭では誤飲にも十分注意する必要があります。

 

さらに、原液は直接肌に塗布してはいけません。

 

高濃度にしても低刺激であるラベンダーなどのアロマは直接原液を塗布することもありますが、原液を塗布することができるアロマはごく少数です。

 

敏感肌の方をはじめ、刺激に弱い肌・炎症を起こしたり傷がある肌には、原液の塗布を避けたほうが良いでしょう。

 

ほとんどのアロマは、原液に指定される濃度以下に希釈して使用しなければなりません。

 

植物アレルギーがある方は、濃度に関わらず、原料となる植物によるアレルギーで肌荒れを起こすなどの症状があらわれることがあるため、注意が必要です。

 

また、妊娠中の方、乳幼児に対しては使用量や使用方法に特別な注意が必要です。

 

妊娠中でも、気分転換に香りを楽しむ程度であれば問題ありませんが、強すぎる香りが逆に不快になることも多く、使用量や使用するアロマの種類を柔軟に選択することが大切です。

 

とくに、スキンケアとして肌に塗布する場合は、肌の細胞を通してアロマの持つ通経作用が出産に影響する可能性があるため、十分に注意する必要があります。

 

ホルモンバランスに影響を及ぼすものもあるので、アロマの特性を把握して使用しなければいけません。

 

乳幼児はアロマに限らずさまざまな事象に対して抵抗力が低いため、アロマが強い刺激となってしまう場合があります。

 

使用量を半量以下にしたり、乳幼児が不快感を表す場合は使用を中止するなどして、対応する必要があります。